注目情報

働く女性の為のニュースサイト!仕事を楽しむ女性の為にビジネスニュースをお届けします。

食券機をリースしようか検討中

ウチは昔ながらのうどん屋で、祖父の代から店を継いでいます。
うどんの味はもちろん祖父の味・父の味を守って大事にしていますが、最近、食券機をリースしてみようかと考えています。
というのも、今はアルバイトの方にレジを任せたり、妻にその日の集計を任せたりしているのですが、その負担も小さくはないと感じ始めているためです。

続きを読む »

金沢の温泉地に行く手段

温泉地として近年人気の高まっている石川県の金沢。
石川県がどんなところかというと日本海から突き出た能登半島に位置します。
金沢は縦に長い石川県の南部にあり、かつては加賀藩の城下町として栄えた町です。

参考サイト:金沢の温泉宿

続きを読む »

上尾市にできた美容院が気に入っちゃいました

私はなかなか自分好みの美容院が決まらず、いつもいろいろなところにいって髪を切ってもらっていましたが、上尾に新しくできた美容院に行った際に「あ、なんかいいかも」とようやく感じられました。

しかも他に比べて値段が安いんですね。
この美容院の値段ってまちまちである程度幅があるのはなぜなんでしょうか。

参考サイト→ 上尾市にある美容院

続きを読む »

エマルジョンリムーバーを考えた人はすごい!

最近口コミでも話題となっているエマルジョンリムーバーというもの。
恥ずかしながら私はよく知りませんでしたが、毛穴の汚れ除去にかなり効果があるらしい・・・。
気になったのでちょっと調べてみました。
エマルジョンリムーバーの口コミチェック

続きを読む »

AEDって何?価格は?

自動体外式除細動器、それが「AED」です。
心臓がけいれんしたように震えてしまうことで起こる「心室細動」による心停止に対して、電気ショックを行うことで、心臓の動きを正常に戻すことができる装置です。
AEDによる電気ショックと、胸部圧迫を繰り返して行います。

AEDは公共の場所等、様々な場所に設置されている他、個人で購入したりレンタルしたりすることができます。
AED価格の相場

続きを読む »

会社設立にかかる費用はどれくらい?

会社を設立するというのは、非常に大それたことのように見え、また、費用もどれくらいかかるのか見当がつかないという人も多々いると思います。
では、実際に会社設立に費用がいくらかかるというのを説明していきますと、まず、最低限必要な費用というのは、株式会社であれば設立のための登記費用です。

会社設立の登記費用

登記費用は、内容がいくつか分かれていて、その内訳といいますと、まず、定款に貼るべき収入印紙代が4万円、定款の認証手数料として5万円、定款の謄本手数料として2000円、登記の際の登録免許税が最低15万円(資本金の0.7%)となり、合計約25万円ほど必要となります。ただし、定款に貼るべき収入印紙4万円は、電子定款にする場合は不要となります。このように節約をすることもできます。
後は、株式会社であれば、資本金となりますが、どれくらいの事業規模で行うかによりますし、資本金は1円からでも大丈夫ですので、絶対にかかってくる費用というのは、上記の通りとなりますが、実際は机やパソコンなどの備品を購入したり、会社設立の印鑑の作成、ホームページの作成等設立以外でも実際に事業を始めるための費用はいくらかかかってきますので、設立費用+100万円から200万円は必要だと見積もっておくことが適切であると言えます。

地方で退職を機に会社設立をするには

退職をきっかけに会社設立しました。
岐阜県は観光がメインの産業なので、とにかく職を選ぶ事が出来ないんです。
新卒だと選べますが、中途採用の職場といえば介護職やパチンコ屋くらいしかありません。
会社設立したかったわけではなくて、それしか選択肢が無かったというのが正直な答えになります。
以前勤めていた会社のスキルを活かした仕事をしているんですが、会社にすると信用してもらえますし、営業もとてもしやすいです。
続きを読む »

合同会社と株式会社の設立の違い

今の時代、ご自分でベンチャー企業等を作ろうと思われている方は大変多くなりました。
もしもご自分で会社を起こす場合、基本的に現在の会社の形態は合同会社と株式会社の2通りになります。

合同会社と株式会社の設立の違い

合同会社とは平成18年に法改正によって有限会社の代わり生まれた新しい形式の会社で、出資者が少ない個人経営の会社に適しております。
少ない人数で会社を起こす場合にはこの合同会社形式でスタートする事が望ましいと考えますし、合同会社を起こした後で株式会社に変更した方がかえって安く株式会社設立が出来ます。
会社設立に当たっては合同会社では6万円、株式会社では20万300円がそれぞれ役所に収める金額となります。
しかしこれだけでは会社を起こす事が出来ず、その他にも費用が掛かりますのでどの様な物があるのでしょう。会社を起こす場合に必要になるその他の費用としては、資本金、法定費用、その他の費用の3本柱になります。

資本金は最低でも1000万円の資本金が必要でしたが、現在では1円でも株式会社が設立出来ますし、現物出資と言う方法で資本金0円と言う事も出来ます。
法定費用は会社を登録する為の登録免許税や手数料などがあり株式会社で電子定款の場合は20万300円となります。
電子定款と紙の定款では4万円電子定款が安い事などを覚えておくと良いと思います。
その他の費用としては、電子定款作成費用、会社の実印作成費用、印紙代等があり、このその他の費用を出来るだけ安く押さえる事がポイントになります。
会社設立の電子定款はご自分で作成する事も出来ますが、作成に当たってはかなりハードルが高いので充分に準備期間を設けて作成する事が望ましいです。

大阪で会社を設立!妻に感謝!

不況から会社設立へ・・・

大阪は10年前は本当に不況でした。
その最悪な時期にリストラになったんです。
絶望しかありませんでした。この先どうしたらいいか途方にくれていたんですが、妻の一言で決心をしたんです。
「あんたの好きな事やったらええやん。食べていけんくなったら、私が食べさせたる」って言ってくれたんです。
嬉しくて涙が出ました。
でも資金が無いと出来ないなと思っていたんですが、妻が400万入っている通帳を渡してくれたんです。
今までコツコツと貯めたお金だから好きに使ってって。
そこで大阪で会社設立することにしました。

相談した会計事務所にすすめられ株式会社に

自分名義の負債を抱えたくないという旨を会計事務所に相談をすると株式会社にするといいよと言われたのでやってもらいました。
会社設立の助成金についても相談に乗ってくれました。
続きを読む »

転職フェアの開催日をチェックしよう

転職活動をする上で欠かせない、実際に企業の方にお話を聞ける貴重な体験ができるのが「転職フェア」です。
転職フェアによって、必要事項など異なる場合がありますので、参加前にはきちんと情報を把握しておく必要があります。
今回は、一般的な転職フェアの「開催日」についてご紹介します。
転職フェアの開催日を知りたい

続きを読む »